自然環境学専攻の魅力 « 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境学研究系 自然環境学専攻




在学生の声-自然環境学専攻の魅力

佐々木夏来(自然環境変動学分野 博士課程2年


 

自然環境学専攻では修士課程に入学すると,陸域コース・海洋コースを問わず,生態学,地形学,環境化学,景観学等の幅広い分野について授業で学びます。座学だけでなく,フィールドワークも充実しており,環境学の基本となる調査技術を広く学ぶものや,分野ごとの専門的なものまで多彩です。授業と研究の両立はとても大変ですが,新たな知識や技術を獲得し,自身の研究の幅を広げることが可能です。また,専門分野の枠を超えて,専攻全体で研究内容ついて議論する場も用意されています。異なる専門分野間での議論は,新たな視点や発想を与えてくれ,時には自身の研究の方向性について考えるきっかけとなります。日々,研究室や同期の仲間と議論を交わし,学外の勉強会にも積極的に参加して,充実した研究生活を送っています。自然環境について幅広く学び社会で活躍したい方,領域横断的な研究を目指す方,本専攻で共に切磋琢磨しましょう。

金城 梓(海洋生命環境学分野 博士課程3年)




私は海底熱水噴出域という特殊な環境への生物の適応を分子生物学の観点から解明することを目指しています。このような研究には生物が環境適応に必要な能力を獲得することになった背景、つまり進化の歴史や環境要因など異なる研究分野の知見が必要です。本専攻では、様々な研究分野のエキスパートの指導のもと、研究分野間の相互交流が盛んに行われています。そのため、自身の分野の研究を高い水準で行なえるだけでなく、他研究分野の知識や情報も入手できます。様々な分野との活発な相互交流は、新しい発想や柔軟な思考能力を身につけるのに役立つだけでなく、研究意欲への大きな刺激となっています。本専攻の研究分野の幅広さは型にはまらない自由な研究を可能にするため、皆さんの研究テーマの選択肢を広げてくれると思います。本専攻にて自由で幅広い視点を養い、研究の可能性を広げてみてはどうでしょうか。