東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境学研究系 自然環境学専攻




指導教員紹介

基幹講座

陸域環境学コース
自然環境構造学分野 教授 山室真澄 陸水学、生物地球化学、沿岸域
陸水学の観点から水環境問題に関する研究を展開しています。
准教授 穴澤活郎 自然環境化学、分析化学、土壌、岩石、水
自然本来の環境と人とのかかわりあいを「化学」の視点で追求しています。
自然環境変動学分野 教授 須貝俊彦 地形環境、自然地理、人間—環境系、防災、活断層
地圏環境の変遷史の復元と環境変化の将来予測、自然環境の改善・保全対策、新たな自然‐社会・文化環境の構築に関わる研究を行っています。
生物圏機能学分野 准教授 鈴木 牧 生態学(陸上)、樹木群集、動植物間相互作用
人間活動が動植物に与える影響の分析、生態系機能の修復、生物多様性の維持機構などを研究しています。
准教授 奈良一秀 生態学、多様性、生物群集、個体群動態、生物地理、系統進化、菌根共生
動植物から微生物まで陸上生態系の幅広い生物群を対象に、生物間の相互作用に関する機能解析や様々な生態学的研究に取り組んでいます。
生物圏情報学分野 教授 山本博一 森林資源、天然林、森林の環境保全機能
持続的な森林資源の管理、木造建築物文化財の修理用資材の確保、針広混交天然林の林分構造の解析、広葉樹二次林における生産量および炭素固定機能の評価等に取り組んでいます。
自然環境評価学分野 教授 福田健二 環境ストレス、樹木生理学、マツ
森林をフィールドとして、樹木と微生物の相互作用に及ぼす環境ストレスの影響を研究してきましたが、最近では、樹勢診断や樹木の傷害反応などの樹木医学的研究も行っています。
自然環境景観学分野 教授 斎藤 馨 ランドスケープ、サイバーフォレスト、環境教育、自然環境デザイン、internet of nature
ランドスケープの観点から人と自然のつながりを考究しています。サイバーフォレストでは、遠隔自然ライブモニタリング・アーカイブシステムの開発運用と、これらを使った環境学習教材の開発を行っています。


海洋環境学コース
地球海洋環境学分野 教授 小島茂明 干潟、化学合成生物群集、日本海
干潟から深海まで様々な場所に棲む底生生物の進化生態を主に分子系統学や分子生態学の手法により研究しています。
准教授 芦 寿一郎 活断層、古地震、プレート沈み込み帯、冷湧水
地震・津波災害に関わるプレート沈み込み帯の活断層、付加テクトニクス、地震性タービダイト、流体ガス循環の研究を行っています。
海洋資源環境学分野 教授 白木原國雄 海洋生物資源の評価と管理、個体群動態、沿岸性鯨類の保全生態
海洋生物の管理と保全に焦点をあてつつ、分布・移動、個体群パラメータ推定、漁獲など人為の影響評価、個体群変動に関する研究を行っています。
准教授 小松幸生 環境モニタリング、海洋生態系モデル、水産資源変動、海洋生物地球化学循環、波浪
海洋生物資源の分布・移動・変動の機構解明・予測を目標として、海洋物理構造・変動機構並びに海洋環境と生物の関係について、野外観測・資料解析・数値モデリングなどの手法を用いて、物理環境の視点から研究を進めています。
海洋生物圏環境学分野 教授 木村伸吾 地球環境変動、水産重要魚類、生物応答メカニズム
大規模回遊魚(マグロ類・ウナギ類等)、多獲性浮魚類(イワシ類等)、底生生物(貝類)を中心とした海洋生物の海洋環境と関連した回遊・分布・資源量変動に関する研究をしています。

協力講座 は兼担教員

陸域環境学コース
地球環境モデリング学分野 准教授 今須良一 温室効果気体、リモートセンシング、大気中物質循環モデル
二酸化炭素やメタンなど、地球温暖化に関連する温室効果気体を測定する衛星開発やデータ解析、物質輸送シミュレーションなどを研究しています。
教授 高橋正明 気候、大気循環、大気化学
大気の循環や大気化学を研究しています。研究手法は、気候モデルをもちいた研究、気象データを用いた解析的研究をおこなっています。
准教授 芳村 圭 水の同位体、水循環と気候、河川環境
地球上の水循環を幅広く捉え、数値モデリングやリモートセンシングを含む観測等でそのメカニズムを解明し、社会への貢献を目指しています。
環境情報学分野 教授 小口 高 地理情報システム、地形、地理
GISを主要な研究ツールと位置づけ、野外調査なども加味しながら、地理学(主に地形学と水文学)の研究を行っています。


海洋環境学コース
海洋環境動態学分野 教授 道田 豊 海洋表層循環、混合層の流速構造、拡散
海洋表層の流速構造とその変動、海上の物体の分散・拡散について観測データの解析を中心に研究しています。
教授 山崎 俊嗣 古地磁気・岩石磁気学、海洋地質・地球物理学
海底の堆積物や岩石を用いて、地球史における地磁気変動の解明とその基礎となる堆積物の磁化機構の研究、さらにこれらを地質・地球物理学、古海洋学、微生物学等へ応用する研究を行っています。
准教授 藤尾伸三 深層循環、海溝、数値シミュレーション
海洋深層(2000mよりも深い部分)の流れを、海洋観測と数値モデルの両面から研究しています。特に、日本近海の海溝付近の流れ、深層循環の維持メカニズムや長期変動に関心を持っています。
准教授 田中 潔 沿岸海洋循環、数値実験と観測、海洋力学
沿岸域を中心に、海洋の流れやその変動のメカニズムとそれらに伴う物質輸送の研究を、数値実験や現場観測に基づいて進めています。
海洋物質循環学分野 准教授 小川浩史 有機物、生元素循環
海洋を主とした天然水中の溶存有機物(DOM)の化学的特徴、及びその動態に関わる生物学的、非生物学的プロセスの解明に取り組んでいます。
准教授 小畑 元 海洋物質循環、微量金属元素、スペシエーション
海水中の微量金属元素が海洋環境に与える影響を調べるため、高感度な分析法を開発し、その循環過程を研究しています。
教授 木暮一啓 海洋細菌の系統、海洋細菌が物質循環に果たす役割
微生物の分類学的また生理学的特性を調査しながら、実際、海洋での活動の実体など生態学的特性、さらに微生物が生産する生物活性物質などの究明を目的として、研究をおこなっています。
海洋生命環境学分野 教授 佐藤克文 バイオロギング、データロガー、潜水行動
人の視界や認識限界を超えた現場において、高次捕食動物やそれを取り巻く周辺環境を調べています。
教授 青山 潤 集団遺伝学、魚類生態学、初期生活史
沿岸性魚類の生態、初期生活史、移動・分散および人工放流サケ稚魚の移動・生残などに関する研究を行っています。
准教授 小松輝久 藻場、海洋生態系、リモートセンシング
海洋生物の生態,生物と海洋環境との相互作用およびリモートセンシングによる生物計測手法の開発を行っています。
教授 井上広滋 分子生理、遺伝子、深海生物、メダカ
海洋生物が生息環境に適応するための分子機構とその進化、機能進化と生態との関係について研究しています。

国立環境研究所との連携講座

陸域環境学コース
自然環境循環学講座 教授 鑪迫典久 生物試験、生態毒性、内分泌かく乱化学物質、農薬、PPCPs、ナノマテリアル
環境中の化学物質や工場・下水処理場排水等が、水生生態系に与える影響を、バイオアッセイを通して明らかにする研究をしています。

産業技術総合研究所との連携講座

陸域環境学コース

地球表層地質環境学講座 教授 齋藤文紀 デルタ、アジア、海水準変動、沿岸環境、人間活動
アジアの河川が河口域につくるデルタ(三角州)の成り立ち、変遷、堆積物と地形のダイナミックス、近年の環境変化の研究を行っています。
准教授 田邉 晋 沖積層、地層形成、海水準変動
沿岸平野の沖積層を題材に地形やそれを構成する地層の成立ちに関する研究を行っています。
准教授 田村 亨 岸地形、気候変動、海水準変動、テクトニクス、年代測定
砂丘や海浜、海成段丘を中心に、地形や地層の発達と気候変動や沿岸の災害との関係についての研究を行っています。