東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境学研究系 自然環境学専攻




自然環境循環学講座(国立環境研究所との連携講座)

概要

現代社会では、多種・多様な化学物質が生産・使 用されており、人の生活はその便益にあずかる一方 で、人や生態系の生物に対する影響も見過ごせない。 そして化学物質の管理は、そのゆりかごから墓場まで(ライフサイクル)を俯瞰して行うことが重要である。

本講座のテーマの一つは、特に水系を対象として 数種類の生物応答によってそれら化学物質の影響を 把握するWET(Whole Effluent Toxicity Test)のよ うな新たな手法(バイオアッセイ)の開発・適用を 行うことであり、生態影響削減のための方策につい て提案する。また、内分泌かく乱化学物質、医薬品・ 生活用品、ナノ物質などの新しい性質をもつ化学物 質の環境影響を明らかにするための試験法を開発す ることも喫緊の研究テーマである。

2 つ目のテーマとしては、製品に含まれる具体的な 化学物質として、残留性有機汚染物質(POPs)や金 属類等に着目し、廃棄物処理やリサイクル過程など ライフサイクルの各段階での排出挙動と汚染のコント ロールに関する研究を、実際のフィールドを対象に 実施する。また、環境媒体の汚染や製品の安全性を モニタリングするための試験手法を検討し、フィールド調査に適用して考察を進める。

鑪迫 典久 教授(国立環境研究所 環境リスク研究センター)