東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境学研究系 自然環境学専攻




海洋資源環境学分野


白木原國雄教授

海洋生物は陸上生物に比べて概して多産であるが、その分、親として生き残れる個体の割合は低い。特に生まれて間もない時期の生残率は海洋環境の変動の影響を受けやすい。大漁・不漁という言葉の通り、海洋生物の中には個体数が大きく変動する種は少なくない。このような海洋生物を資源として持続的に利用するための管理方法の開発、漁獲などの人間活動が海洋生物個体群に与える影響の評価、スナメリなどの沿岸性鯨類の個体群動態と保全、海洋環境が海洋生物の生態や行動に及ぼす影響の解明に関する研究を行っている。

小松幸生准教授

海流の速度、水温や塩分濃度といった海洋の物理環境は、場所毎に時々刻々と変動する。こうした変動は、栄養塩など化学環境の変動と相まって海洋生物の変動をもたらす。しかし、そのメカニズムの多くは未解明である。マイワシ等の水産資源変動のメカニズム解明、地球温暖化の影響評価、エチゼンクラゲの大量出現要因の解明などの諸課題について、観測と数値シミュレーション双方で最先端の手法を用いて、数秒程度の変動から数10年規模の変動まで、様々なスケールの海洋物理環境の変動が海洋生物の変動に与える影響の評価・予測とメカニズムの解明に取り組んでいる。

白木原研究室HP 小松研究室HP